九州・熊本の気候風土にあった家づくり、外張り断熱工法(外断熱工法)の住まい / MIURA - 三浦建設

MIURAのすまいづくりの考え方

高機能・高気密・計画換気 MIURAの外張り断熱の家とは



2 - 結露とさまざまな住宅病 (1)

MIURAの外張り断熱の家は、住宅を腐らせたり、家族に健康被害を及ぼす結露を防ぎ、いつも健康で快適な住空間を創り、様々な住宅病を防ぐと共に、住宅の寿命をのばします。

結露が多発する場所と原因

  • 窓ガラスやサッシの結露
    ガラスやサッシの断熱不足から起こります。湿気を含んだ室内の暖かい空気が窓ガラスやサッシに冷やされて結露が発生します。
  • 押入れの中の結露
    断熱が不足して外気に冷やされている押入の四隅などに集中して発生します。断熱不足とともに、通気不足でも発生します。
  • 壁面の結露
    各部屋間の温度差が原因で結露が発生します。住宅全体の断熱が不足すると暖房している部屋とその部屋との温度差が大きくなり、壁面に結露が発生します。
  • 結露が発生する住宅は病気の住宅です。
    表面結露が発生している住宅は壁の中にも結露が発生していると考えれれます。カビやダニの発生源になる他、住宅が腐る原因にもなります。

結露を発生させない。

結露を発生させない高断熱・高気密環境の実現

 住宅の寿命はそこに住まわれるご家族の健康とともに大きな関係があります。住宅を腐らせる結露が発生する住宅は、熱環境が悪くてヒートショックを発生させる不健康住宅とイコールだからです。結露を発生させない条件は室内に不要な水蒸気を発生させないことと、各室間の温度差を極力少なくすることです。住宅内に温度差があると温かい空気に含まれている水蒸気が寒い部屋のガラスや壁に結露してしまうからです。高断熱・高気密住宅の考え方は。住宅内の熱環境をできるだけ一定に保ち外気の影響を受けにくい住環境を造ることです。

これが結露のメカニズム

 夏の暑い日に、コップによく冷えたビールやジュースを注ぐと、コップに表面にはいつの間にか水滴がたくさん付着します。これが結露水です。空気は暖かければ暖かい程、多くの水蒸気を含むことができます。そして、冷たいものに触れて冷やされると飽和状態になり含んでいた水蒸気を含み切れなくなって吐き出してしまいます。このような現象によって発生した水蒸気が結露と呼ばれます。結露はほぼ一年中発生しますからそれを防ぐためにも夏も冬も高断熱・高気密・計画換気が重要なのです。