九州・熊本の気候風土にあった家づくり、外張り断熱工法(外断熱工法)の住まい / MIURA - 三浦建設
HOME - MIURAのすまいづくりの考え方 - MIURAの外張り断熱の家とは

MIURAのすまいづくりの考え方

高機能・高気密・計画換気 MIURAの外張り断熱の家とは


  1. 従来の家の問題点

    これからの住宅は、気候・風土性など地域的な特性を考慮し、あらかじめ科学的な手法によって最も快適な居住環境を創るには住宅性能をシミュレーションしてから建てられるべきだと考えています。

  2. 結露とさまざまな住宅病

    MIURAの外張り断熱の家は、住宅を腐らせたり、家族に健康被害を及ぼす結露を防ぎ、いつも健康で快適な住空間を創り、様々な住宅病を防ぐと共に、住宅の寿命をのばします。

  3. トータルパフォーマンス

    これからの住宅は、構造の高耐久性と、高断熱・高気密+計画換気+省エネルギーのトータルパフォーマンスが重要です。

  4. 数値でみる住宅性能

    高性能住宅の条件を満たすためには『勘』に頼るのではなく、熱抵抗値・熱貫流値・熱損失係数など、住宅性能の裏付けを明確な数字で示さなければなりません。

  5. 最新工法

    MIURAの外張り断熱の家は、従来の同種パネルよりも大幅に進化した理想的な外断熱パネルを使用しています。

  6. 品質確保促進法の「住宅性能表示制度」

    MIURAの外張り断熱の家は、トップレベルで品質確保促進法の「住宅性能表示制度」に対応できる品質・性能をお約束します。