九州・熊本の気候風土にあった家づくり、外張り断熱工法(外断熱工法)の住まい / MIURA - 三浦建設
HOME - MIURAのすまいづくりの考え方 - 外張り断熱のおすすめ

MIURAのすまいづくりの考え方

外張り断熱のおすすめ

MIURAは外張り断熱工法をご提案します。
 マンションで暮らす知人宅を訪れて、盛大な窓の結露に驚いた。本人は「気密性がいいから仕方ないないらしい」と、すっかりあきらめている。
 けれども実は、窓のように「見える」結露よりも壁の内側の「見えない」結露の方が、問題が大きいのだそうだ。カビが発生しやすいし、それを食べるダニの繁殖も勝手放題。建物そのものも弱っていく。たとえコンクリート製であっても、ひび割れから水が浸入すれば劣化する。
 そうした結露を防ぐ方法として「外断熱」という耳慣れない言葉を聴いた。省エネルギーのために入れる断熱材を、建物の内側ではなく外側に置いて、全体をすっぽり包み込むようにする方法である。なるほど、こうすれば室内の暖かい空気が冷たい壁にぶつかることなく、結露しない。断熱の効果もぐんと良くなる。
 スウェーデンでは1973年のオイルショック直後、国を挙げて建物の省エネ対策を研究し、気象学や熱工学、微生物学、経済学などの専門家が4年がかりで具体策をまとめた。それ以来、外断熱が当たり前になったいう(「日本のマンションにひそむ史上最大のミステーク」、TBS ブリタニカ)。
 日本といえば、ビルでも住宅でも外断熱工法はほとんど採用されていない。科学的な検討をする前に、柱と柱の間に断熱材を詰め込むやり方が広まってしまった。手間がかからず、費用も安くできるためらしい。例外の一人が東京都小平市で工務店を経営する松井修三さんだ。9年前に外断熱の木造住宅を造ってみて良さを実感、以後はこれしかやらない。「断熱は寒冷地に限らず大事なことなのに、無関心な人があまりに多いですね」
 スウェーデンでは省エネ対策を検討する際、あえて建築の専門家を入れなかった。習慣やしがらみを断ち切って、原理的にもっとも良い方法を探ろうとしたのだろう。
朝日新聞2000年(平成12年)1月28日「天声人語」より

◎ 壁の中の結露そしてカビ


 私もこの外断熱を始める前は、熊本はそんなに寒くないから、内断熱で十分だ!と思っていた一人です。ところが、築5年程の内断熱の家をリフォームした時です、北面の室内壁を剥がしてびっくり、断熱材の表面には黒い色のカビが大量に発生していました。調査したところ全く雨漏りはしておらず、壁の中での結露が原因だった様です。熊本の夏も近年地球温暖化により、年々暑くなって来ているように思います、そのような中、どうしても採風だけでは耐え難いものがあります、やはり冷房機を使用してしまいます。このときに内断熱工法だとしたら、壁の中に外気が進入し、結露を起こすのは避けられない事でしょう。夏場コップに冷たい水を入れるとコップの廻りに水滴ができます、それとまったく同じことです。壁の中で結露は起こってしまいます。
 外断熱は、柱、屋根、基礎の外回りを完全に覆ってしまう事で、外気の侵入を防ぎ、冷暖房時の熱効率のアップを図る工法です。完全に構造体の外で断熱をする事で、壁の中、小屋裏、床下の部分が室内の環境と同じ状態を保つ事が出来ます。その為に結露を起こすことなく、構造体の寿命が大幅にアップいたします。100年住宅が可能になります。
 又コストの面では外断熱は、建築費が高いと言う意見があります。確かに内断熱工法から比べると多少は高くつきます。しかし、長い目で見るとその差額は冷暖房費のコストダウンにより10年から15年程度で償却出来るのではないでしょうか。それより何よりもどの部屋も、オープンにお使い頂くことで、家中が一定の温度を保ち快適に過ごしていただけると言う事が一番ではないでしょうか。

これが、築5年程北側内壁です。この工法(内断熱)では、ベイパーバリヤーシートが貼られている部分と断熱材にカビが発生しています。

◎ 内断熱と外断熱の違い


  内断熱 外断熱
断熱材(床・壁) 柱と柱の間 柱の外側
断熱材(屋根) 天井 屋根
断熱材(基礎) 基礎
断熱材 グラスウール他 ネオマホーム(フェノールホーム35mm)
断熱の連続性 構造体で途切れる 基礎から屋根まですっぽり断熱
壁体内通気 なし あり
断熱性能 低い 高い
気密性能 低い 高い
蓄熱性能 低い 高い
床下温度 高い 低い
梅雨期室内湿度 高い 低い
冬季室内湿度 乾燥 正常
換気効率 低い 高い
快適温度帯 夏季低め、冬季高め 夏季高め、冬季低め
温度差
省エネ性 低い 高い
耐久性 低い 高い
施工性 熟練が必要安易