九州・熊本の気候風土にあった家づくり、外張り断熱工法(外断熱工法)の住まい / MIURA - 三浦建設

すまいづくりのチェックポイント

サッシ

当社では、着工前にスウェーデン式サウンディング工法により地盤調査を行います。
この試験はスクリューポイントを付けたロッド(鉄棒)を地面に突き立て、ロッドに重りを載せていきロッドが貫入する様子を測定します。
この試験によってN値を求め、そのデータから基礎仕様及び軟弱地盤対策の提案をしています。N値が一貫して3を越えていれば木造住宅2階建てを建てる地盤としては十分な地耐力だといえます。
一生の夢として手に入れたマイホームが傾いてしまう、これは正に悪夢のような出来事だと思います。たとえ家そのものにいくらお金を掛けて作っても、地盤の状態次第では地面の中に家が沈んでしまい壊れてしまいます。
そうならないように、着工前には地盤調査をしっかり行いましょう。